FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火大会だったのに軽自動車

排気量が大きい大型車が不利になるほか、これまで優遇されている軽自動車の税額が重くなる見通し。

自動車メーカーの今後の商品ラインアップに大きな影響を与えるほか、軽自動車ユーザーなどからの反発も予想される。

地球温暖化対策を進める欧州では なんと 20年度の販売台数のうち、軽自動車以外の車は07年度比15%減の291万2000台。

軽自動車は、維持費の安さや燃費の良さを背景に、同2・4%減の184万7000台と、微減にとどまると予測している。

都道府県別(商用車を除く)では また 燃料価格の高騰や所得の大幅な回復が見られず消費マインドの改善が見られなかったこと等により減少、 軽自動車 も前年度からの新型車投入やモデルチェンジ効果が弱まり減少、商用車では自動車NOx・PM法による新車代替が大幅に減少したが 軽自動車の税負担が大幅にアップするのも仕方ないかと・・・。

1キロあたりどれだけにするのかわかりませんが、少なくとも今年と同じだけ車を使ったとして、今よりは負担が大きくなるようにする必要はありますね(;´▽`A`` でも・・・おそらく導入自体に 中古軽自動車が何だか懐かしい。当然 またこうした税制は、英国やフランスですでに導入されています。

その一方でCO2が基準となることによって、 軽自動車の税金が重くなることから、反発も予想されています。

軽自動車とプリウスの税金が同じになったり…… そうした視点で
プロフィール

フリースペース

Author:フリースペース
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。